楽天銀行カードローンの仮審査から本審査まで。

楽天銀行カードローン仮審査の申し込み

楽天銀行カードローンは24時間いつでもインターネットから申し込みが可能、忙しく窓口での手続きが不要な場合なども簡単に申請利用できるとても便利なサービスです。予期せぬ事態でお金が急に必要になった場合やまとまったお金が必要な時など簡単にローン申請ができるので便利です。また正社員だけでなく定期的に入る収入が比較的少ないパートやアルバイト、専業主婦などの方々も気軽に利用できることも特徴の一つ。

 

通常必要な収入証明も100万円までの融資なら不要という事、匿名で審査の可否を知ることができる「くらべる君」のサービスも利用できるので事前に融資が可能かどうか知ることもできるので支払や使用用途などの目途もつけやすいのです。

 

融資の審査過程としては、インターネットからローンの申請が仮審査という事になるので、この時点で問題なく進めば、問題なく本審査と移っていくことになります。

 

楽天銀行スーパーローン


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.9%〜14.5% 500万円 最短即日 なし

 

本審査の手順

仮審査が通ったら次は本審査に移ります。本審査はインターネットで申し込んだ氏名、住所等の細かい情報が正しいかどうか確認、付きあわせする作業です。実際の手順としては運転免許書、健康保険証など身分を証明できる証明書を写真で撮って送付、郵送するなどし楽天カードローン審査担当者が確認することになります。

 

これはあくまでも情報が正しいかどうかの確認なので仮審査が通っていれば本審査もおそらく問題ないという場合が多いようです。

 

しかしながら本人確認作業はカードが不正に利用されないようにという事も含めとても重要な過程です、本人確認が出来ないと融資の手続きが遅れてしまう事になるので審査を急ぐ場合は仮審査をする時点で必要な書類を手元に用意して申し込むとスムースに手続きを進める事が出来ることでしょう。

 

数あるカードローンの中でも楽天カードローンは比較的審査基準が低く手続きも簡単にできる事から緊急事態やいざという時におすすめです。

カードローンの仮審査の流れは?

お給料前の急な出費や突然の冠婚葬祭などで、思いがけずまとまったお金が必要になることがありますね。そんな時に信頼できるカードローンを持っておくと、何かと安心です。最近はネットからも気軽にカードローン 仮審査を行うことができ、忙しい仕事の合間を縫って窓口まで審査の申し込みをしに行ったり、すぐに現金が欲しいのに何日も待たされる…と言うこともなくなりました。

 

カードローンには消費者金融会社のものと銀行系のものと2種類あります。以前はやはり審査が通りやすいのは消費者金融会社のカードローンとされてきましたが、最近では銀行系のカードローンも昔に比べて作りやすくなりました。ただ融資の早さは、やはり消費者金融会社系のカードローンに軍配が上がります。

 

いずれのカードローンにも避けて通れないのが仮審査です。中にはいきなり本審査のみと言うところもありますが、ほとんどのところは仮審査を経て本審査へ移行します。

 

気軽に出来る仮審査も、情報入力はしっかりと

仮審査は、ウェブサイトなどの申し込みフォームで気軽にできます。主に年収や会社名、勤続年数、居住年数など、を入力しますが、この仮審査で入力した情報が、本審査で違うと指摘されると、それだけでカードローンが作成できなくなる場合もありますので、間違わずに偽りなく記入しましょう。勤続年数が極端に短かい、一定の住まいがない場合は実感不利かもしれません。

 

この仮審査の通過の結果は、早いと即日回答、遅い場合ですと1週間前後の時間がかかります。自分がいつまでにお金が必要なのか、それまでに間に合う融資をしてくれるのかどうかあらかじめしっかりチェックしておきましょう。

もしも急にまとまったお金が必生に鳴った時や、何かの出費が重なった時に、銀行カードローンが即日融資可能であるとどんなに便利なことかと思いますね。銀行カードローンというと、従来までは申し込み手続きを行ってから、審査を受けて、実際に借入れができるようになるまで、少なくとも1週間以上はかかるというのが一般的でした。

 

即日融資を受けたいと思ったら、金利が高くても我慢して、消費者金融系のカードローンを利用するしかなかったという人も多いのではないでしょうか。しかし、実は最近では銀行カードローンの中でも即日融資可能なものが増えてきているのです。実際に、即日融資可能というところが魅力で銀行カードローンを申し込んだ人も多くいます。しかしそれはあくまでタイミングの問題で、即日融資といってもいつ申し込んでもOKという訳ではないのです。

 

申し込み時間は早めに

上手なお金の借り方の基本は申し込みを早くすることです。銀行カードローンで即日融資を受けたいと思ったら、遅くとも午前中には申し込み手続きを済ませておくようにしましょう。銀行の窓口の平日の営業時間は午後3時までとなっていて、土日祭日は休業しています。即日融資を希望するならば平日の午後3時までには申し込み手続きを済ませておく必要があるのです。しかしギリギリ3時に申し込み手続きをしたところで、審査というものが必要になります。それより2〜3時間は余裕を持った方が良く、そうなると銀行カードローンの申し込み手続きは午前中までに済ませましょうという結論になるのです。因みに前日申し込みの翌日借入れで良いならば、話はより簡単になります。借入れ申し込みの際に、インターネット経由で行うことが可能になったこともあり、気軽に手続きが行えるのです。

 

必要金額のみ借入を

銀行カードローンで即日融資を希望する際には、審査がどこまでスピーディーに済ませられるかが重要になります。その為にも希望借入れ金額があまり高すぎても、入念に審査をすることになってしまうので、即日融資に間に合わないこともあるのです。もしも幾ら必要なのかが分かっている場合には、それより高い希望金額を申請しない方が良いということです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日